竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

「クリエイター」に関して本や論文を書くなら、どういったことを書く?「師匠」の由来や歴史とかだろうか。それとも、個人的な考え方からの見解だろうか。
目を閉じて熱弁する姉ちゃんと冷たい雨

目を閉じて熱弁する姉ちゃんと冷たい雨

友人の住まいのベランダで育てているトマトは、かわいそうなトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、稀にミックスジュースを与えてみたり、OJをあげたり。
ほろ酔いの私たちに、熱燗を与えられた時もあり。
育ての親である友人は、機会があれば好奇心でトマトジュースを飲ませたいという。
もうミニトマトの気持ちは全く関係ない。

雨が上がった週末の朝に友人と
どういう訳か、不安定な精神に浸ってしまい、ちょっとのことでも集中できなかった。
特定の原因がないし、急に物悲しくなったり、今やっていることが無駄なことに思えた。
そんな精神状態で、急に仕事がはいった。
内容はそこそこ大きな会場でのイベントごとで、結構立派な案件だった。
精神状態を理由にしてはいけないと思い無我夢中で夢中でこなしているうちに元のポジティブな気分戻ってきた。
後で思うとあの時は外に出て日差しを浴びようと思ったりしなかったと思う。
あまり部屋にこもらず外出したりも素晴らしいと思うようになった。

暑い大安の夕暮れに料理を

久しく行ってなかった出張の際、初めて業務で組んだAさんは、がっしりとした上司だ。
初めてお会いした時以降貫禄があり、業務以外のお話はちょっとだけしか話す機会がなかった。
先日、なんとなくAさんの半袖になった大柄な腕を拝見してびっくりした!
大きめの天然石ブレスが何連も目に入ったため。
ついつい、パワーストーン好きなんですね!と出てしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げで、なおかつ子供っぽい表情で、ひとつひとつのストーンの由来紹介してくれた。

前のめりで自転車をこぐ兄さんとファミレス
ブームが去った今、任天堂DSに夢中になっている。
最初は、TOEIC対策に英語漬けや英語関係のソフトを中心にしていただけであった。
しかし、ヤマダ電機でゲームソフトを選んでいたら英語関係以外も目移りしてしまい、いつも購入してしまう。
ピクロスDSやマリオカート、逆転検事とか。
面白い物で、トラベルシリーズも発売されている。
例えば、待ち合わせなどの、少しの時間にも活用できそうだ。

涼しい休日の日没にゆっくりと

深夜、寝付けないとなると、新作映画を起き上がって見ることがある。
昨夜観賞した映画は、エスターというアメリカのシネマだ。
主役の、エスターは、頭が良いけれどかなり不思議な9歳の女の子。
終わりに想像もできない結果があなたを待っている。
これは見る経過で、終わり方が予想できる人がいるのか不思議なくらい意外な事実。
結果は、ドキドキとするわけでもなく、恐ろしくジトーッとような終わり方だった。
DVDは、眠くない私の夜の時を楽しませてくれる。
と言っても、だいたいお酒とおつまみもセットなので、体重が増加するのが恐ろしい。

ノリノリで歌うあの子と読みかけの本
煙草を吸う事は自分の体に百害あって一利なしだ。
と言う事実はあるものの、指摘されても購入してしまうものらしい。
以前、業務の関係で知り合った人材派遣会社の専務のおじいさん。
「この体が病気一つしないのは煙草とワインのおかげです!」とハキハキと言い切っていた。
こんなに言われると、失敗が目に見えている脱ニコチンは無しでもOKかもしれないと感じる。

怒って大声を出す友達と観光地

だいたいは、至って無地の格好をしている私は、もちろん驚かれるけれど。
タイツや鞄やドレスまで勢ぞろいで、全部身につけたいと思えば節約生活になりそうだ。
それでも、ジルは辞められない。

泣きながら歌うあいつと飛行機雲
業務で着るスーツスカートを選びに来た。
コムサでモードなどフォーマルなところも良いけれど、ギャル系のお店も良いと思う。
若々しくてはつらつとした女物のファッションビルで、体にフィットするファッションが多数。
価格はショップによって違いが表れるが、なんとなく安価。
中で、購入する物を探していたが、小さめの物ばかり売られていた。
着てみると、ちょっとはあか抜けているように見える気もする。
良い感じのスーツ選びが達成できて、ちょっとうれしかった。

雨が降る金曜の夕方に椅子に座る

使う予定があり不可欠な大きな竹をきちんと受け取れるようになって、良かったのだけれど、モウソウダケが余計でつぎつぎと持っていってほしがっている竹の持ち主は、私が仕事で使いたい量以上にモウソウダケを取って運び帰らせようとするのでちょっと困る。
そこらじゅういての竹を持って戻っても捨てることになるのだが、太い竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれとしきりに請われる。
こちらサイドも必要なものをいただいているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

風の無い月曜の晩にゆっくりと
少年は夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って2週間ほど経った夏のことだった。
あまりの暑さに深く眠れなかったようだ。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、全く涼しいとは思えない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好きなカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を漁り、肉と野菜を取り出し、炒め、そして煮込んだ。
夜が明けるころには、家中にとても美味しそうなカレーのいい香りがしていた。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.