竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

「悲哀」に関して本を書く事になったら、どういったことを調べる?「偶然」の一般的な解説とかかな。それとも、一個人の視点からくる見解だろうか。
月が見える月曜の夕暮れはひっそりと

月が見える月曜の夕暮れはひっそりと

出張で、日光市へ行くことが非常にたくさんあった。
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあり、海なし県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪が積もり、除雪車やチェーンなど必須である。
秋になると、東北自動車道で2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日という生活スタイルが多くて、旅行誌などで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい市だ。
少し述べさせてもらうと、見どころは日光東照宮。
江戸を治めた徳川家康の眠る場所で、中の様子に驚くことだろう。
また、山奥にある日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、白色で、熱い湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いと思う。
東照宮が建てられた時は、奥日光湯元温泉を目指して多くの湯治客が集まったようだ。
情景が想像できる歴史の深い所が栃木県の日光。
宿泊所の紹介も兼ねて、情報誌などに多く記載されている栃木の日光に、行こうと思う。

怒って叫ぶ君と草原
海辺がめちゃめちゃ近くで、サーフィンのスポットとしてもめっちゃ知られているスポットの歩いてすぐに住んでいる。
ゆえに、サーフィンをしたことがある人はめっちゃ多くいて、仕事の前に朝はやく少しサーフィンにという人もいます。
そのように、波乗りをしに行く人が多いので、いっしょに行こうと言われることがめちゃめちゃ多かったのですが、必ず断っていた。
その理由は、私が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからだ。
だけれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行った場所は熟練者がサーフィンする海で、テトラポッドが近くに置かれていて、スペースが狭い場所でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

前のめりで踊る彼と夕立

いつも行くショッピングセンターで夕飯の買い物をしていた。
冷凍食品cornerアスパラを探していた。
いろいろ見ていたら、韓国文字で書かれた品を探し出した。
確認すると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
昨年、韓国まで行ったときに、何度も韓国に旅している友達に勧められたのがトッポギ。
日本でも冷凍食品として、あのトッポギが購入できるなんて、驚きだった。

風の無い週末の午前は昔を思い出す
少年はとてもお腹が減っていた。
もうすぐ夏休みという頃、小学校から早足で帰宅しているときだった。
蝉ももう騒々しく鳴いていて、陽の光は強く、夕方なのにまだ陽は沈みそうになかった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はあまりにもひもじかったから、とっとと帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋にずいぶん残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、冷や飯が冷蔵庫にあったはず。
少年は早くカレーを食べようと、足早に家へ向かった。
すると顔からは汗がもっと噴き出してきた。

曇っている木曜の夜はシャワーを

よく一緒にいる知佳子は賢い。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
絶対他者を悪く言ったりはしない。
何この人?と思っても、まずは相手の考えも酌む。
なので、視野が膨らむし、我慢強くなれるのだ。
考えを貫く事より、この方がちかこにとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、その経験を自分のものにする方法をとても理解している。

熱中して歌う兄さんと擦り切れたミサンガ
暑い季節は生ビールがめちゃめちゃうまいけれど、ここ最近そんなに飲まなくなった。
20代の頃は、いくらでも飲めたのに、年とともに次の日にお酒が残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は非常にあこがれ、行くことがめっちゃ楽しみだったけれど、会社の関係でうんざりするほど行って、自分の心の中では、今では、いいイメージがない。
けれども、取引先との付き合いの関係で大変久しぶりにビアガーデンに行った。
ものすごく久々にうまかったのだけど、調子にのってたいそう飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

月が見える火曜の明け方にお菓子作り

何でも一個の事を、長くコツコツ続けている根気のある人に憧れを抱く。
ダンスでも、絵画だったり、とても小さい分野でも
毎年一回だけでも、いつもの仲間と、いつもの旅館に宿泊する!でも良いと思う。
何でも一個の事を辞めないで続ければいずれはプロまでたどり着くことができるかもしれない。
わたしは、3歳の時にピアノと版画の2つを学習していたが、続けていればよかったな。
こう感じるのは、部屋のはしっこににお父さんに貰ったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一度学びたいとという理想がある。

気どりながら自転車をこぐ兄さんとオレ
この一眼レフは、実をいうと、海辺で見つけた。
昨日は、8月の中ごろで、終わりで、いつもと比較して暑かった。
デパートで、恋人ともめてしまい、今日は口を利きたくないと告げられた。
それで夜中、マンションからこの浜辺までなんとなくやってきて、海沿いを散歩していた。
で、少し砂で汚れたこの一眼に出会うことができたのだ。
拾って、好奇心で夜のフォトを一枚撮ってみた。
この持ち主より、いいかんじに撮れているかもしれないと思った。
恋人の笑った瞬間撮れたらなー、とか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか一人で考えていた。
明日、なんとか会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝りたい。
仲直りしたらこの一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

悲しそうに跳ねる妹とファミレス

山梨県甲府市はフルーツ大国と言われているほどフルーツの生産が行われている。
日本では珍しい海のない県で富士山などの山に囲まれている。
そのために、漁もできなければ米の栽培も全然盛んではない。
なので、甲斐の国をまとめていた柳沢吉保が、フルーツ生産を推進したのだ。
他県よりも優れた名産が経済を潤すと考えたのだろう。
山と山の間の水はけの良さと、山国ならではの寒暖の差はみずみずしい果物を実らせる。

夢中で自転車をこぐ彼と月夜
友達の彼氏であるSさんの働く物産会社で、朝食用に和歌山の工場で作った梅干しを注文している。
お酒が入ると電話をかけてくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんは、ぜんぜんトークがかみ合ったことがない。
シラフの時の彼は、わりと照れ屋らしくそうたくさん話さない。
なので、私はEくんとまともに話をしたことがない。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.