竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

生きていく上で、「勘違い」の立ち位置ってなんだろう。無関心って思う?「カレー」は、アナタにとってなんの意味があるんだろう。
薄暗い週末の午後に食事を

薄暗い週末の午後に食事を

元々お肉をそこまで好物ではないおかずはあたりまえに魚介類主な栄養になってくる。
そうなると、この季節の、土用丑の日の鰻は、私にとってのイベントごとだ。
東の方で鰻を開く場合、背開きという習わしがある。
何故か説明すれば、昔から武家社会なので、腹開きといえば切腹に通じてしまいタブーなため。
それに対して、関西で開くうなぎには、腹開きにする場合が風習。
何故かと言うと、関西は商人の町なので、腹を割って話しましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、シチュエーションによっては良くない場合も。
何故かと言うと、関西は商人の町なので、腹を割って話しましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、シチュエーションによっては良くない場合も。
上の雑学は、観光バス会社で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた内容です。
渋谷駅から出発して、静岡県の沼津の鰻を食べに行こうというコース。

気分良く歌う彼女と公園の噴水
無関心だったけれど、運動もわずかでもやらなくてはと近頃思う。
勤め先が異なるものになったからか、このごろ、体力仕事がたいそう少なくなり、体脂肪がものすごく上がった。
それと、年齢もあるかもしれないけれど、おなかに脂肪が醜くついていて、とっても恥ずかしい。
ほんの少しでも、意識しないとやばい。

自信を持って熱弁する妹と冷めた夕飯

個人の大半は水だという発表もあるので、水分摂取は人類の基礎です。
水の補給を怠ることなく、みんなが元気で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく太陽の中より蝉の声が聞こえるこの時期、いつもはそんなに外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に表れるという位なので、どうしても気にしてしまう部分ですね。
もう一つ、すべての方が気を使っているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないものの夏の時期ばかりはちょっと例外の可能性もあります。
というのは、多く汗をかいて、知らず知らずのうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分の具合も関係するかもしれません。
思いがけず、自身で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
短時間だけ歩くときにも、小さなものでかまわないので、水筒があるととても経済的です。
個人の大半は水だという発表もあるので、水分摂取は人類の基礎です。
水の補給を怠ることなく、みんなが元気で楽しい夏を満喫したいものです。

無我夢中で口笛を吹くあいつとオレ
オフィスで就いていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、どう考えてもお姫様だった。
小柄で素直でテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護団など設立して、そこそこキャンペーンをしているようだった。
革の使用反対、お肉食べない、動物実験反対。
ちょっと前に、マンションにお邪魔したことがある。
都心にある背の高いマンションで、国会議事堂が見下ろせる場所。
先輩は、人懐っこくて上品なシャムネコと仲良しだった。

暑い土曜の日没にひっそりと

ちいさい時から、本は好きでしたが、ただなんとなく、家や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと考えながら進めるようになったのは、高校時代。
学校で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
話は、恋人を失った主人公さつきの、高校時代の回想が始まりです。
恋人と死別してしまう経験なんてその当時もその後も、ありません。
だけど、高校生の私に主人公のやるせない気持ちかぶってしまいました。
今までにない気持ちでした。
主人公のさつきと、その時の私の年が近かった事、それも原因だと思います。
その帰りに、その本を買って帰ったのが本購入の初めてでした。
ムーンライトシャドウは、「キッチン」の中の一つのお話です。
ずいぶん前の作品ですが、永遠に色あせない素晴らしい作品だといわれています。

薄暗い仏滅の午前はシャワーを
花火の季節なのだけれど、住んでいる場所が、観光地で毎週末、花火が上がっているので、もはや見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週末、打ち上げ花火をあげているので、抗議もどっさりあるらしい。
俺の、住居でも打ち上げ花火の音が大きくて自分の子供が怖がって涙を流している。
たまにのことならいいが、夏期に、土曜日に、一時間近くも花火をあげていては、いらいらする。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

気持ち良さそうに吠える君と公園の噴水

台湾人のビビアン・スーは、容姿端麗で素晴らしい女性だと思う。
すでに30代も後半なんて、まったく信じられない。
昔見たTV番組で、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、英語のみのインタビューにアンサーしていたすがた。
ちょうど勉強中のようだったけれど凄く一生懸命だった。
今頃英語だけでなく日本語だって、しっかり話せるだろうと思う。
ビビアン・スーの魅力は目を見張る位深い。

雨が降る平日の午前はゆっくりと
名の通った見学スポットの、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪れた。
法隆寺式伽藍配置もしっかり見れて、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも巨大なものだった。
この寺についてを学ぶには、きっと、多くの時間を欲するのではないかと考えている。

気分良く熱弁する友達とアスファルトの匂い

富士には月見草がよく似合うと、名セリフを書いたのは文豪の太宰だ。
太宰はバスに乗車し、御坂を通り、今の甲府まで向かうところだった。
その時偶然乗り合わせたお婆さんが「月見草」と独り言を言う。
その一声で、振り返った太宰治の目に映ったのが、月見草、と、富士山であった。
富岳百景の一部のこの話は、日本一の名山を話すときに欠かせないと思う。
他にも文芸作品にも登場する、3776mの名山だ。
どの角度から見てもおんなじように整った形をしているために、八面玲瓏と言うワードがぴったりだと言われる。
納得だ。
私が感動したのは、寒い中で見る名峰富士だ。

汗をたらしてお喋りするあいつと紅葉の山
少年は今日、小学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白衣を着て、他の給食係達と、給食を給食室に取りに向かった。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツのように蓋付きの大きな鍋に入ったスープなんかも。
少年は、一番重たい牛乳は、男が持たないといけない、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子には運ばせたくはなかったけど、クラスで前から気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、少しドキドキしながら、そのまま2人で牛乳を運んでいくことにした。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.