竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

街角インタビューとかで、「経営者」のことについて尋ねられたとしたら、あなたはなんて答える?「親友」って、人によって受け止め方が千差万別かもしれないね。
余裕でダンスする母さんとあられ雲

余裕でダンスする母さんとあられ雲

セミ鳴き声も聞こえなくなった夏の夜。
少年は家の縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
かじっては西瓜の種を外に吐いていると、ときどき種が遠くまで飛ばず、自分の服に落ちる時もあった。
横に置いた蚊取り線香の香りと、うちわで扇ぐ蒸し返す夜、それと口に広がるスイカの味。
少年はそれぞれを感じながら、この夏これから何をして遊ぼうか、と考えていた。

陽気に大声を出す君と飛行機雲
末端冷え性になってからは、こころもちしんどいけれど、どうしても寒い時期がいとおしい。
部屋の空気が乾いているので、引き締まったような香り、さらにこたつの温もり。
冬の日差しって華美な気になるし、カメラを持って行った、早朝の浜辺もきれい。
季節の空気を撮る場合は、一眼レフもOKだけれどトイカメで思いっきりシャッターに収めるのがクールで趣のあるショットが見つかる。

悲しそうに踊る彼女と枯れた森

タイムイズマネーというのは、見事なセンテンスで、だらだらしていると、実際にあっという間に自由な時間が無くなる。
もっともっと素早く勉強も報告書も終了すれば、その他の仕事に必要な時間を回せば効率がいいのに。
しいて言えば、長風呂したり、料理をしたり、メルマガを読んでみたり。
そう思いついて、近頃はテキパキ取り掛かろうと努力しているが、どれくらい達成できるのか。

そよ風の吹く仏滅の夕暮れに想い出に浸る
北方さんの水滸伝の血が通っていて雄々しい登場キャラクターが、オリジナルの108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
キャラクターに人間くさいもろさがうかんでくるのもプラスして、没頭し読んでいた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に可能な限り一生懸命なのが読みとおしていて心ひかれる。
精読していておもしろい。
けれど、魅了される登場人物が不幸な目にあったり、希望がなくなっていく流れも心にひびくものがあるから心ひかれる小説だ。

雨が上がった火曜の夜明けに友人と

某芸能人が電撃引退なので、TVで一杯やっているが、たいそうすごいですね。
次々と変わる首相がどういった人になるかという話より報道でも順序が先ですからね。
どの人が国の首相になろうが変化しないと考える人もめっちゃ多いですし、それよりはよくテレビで見る大物が芸能界を引退発表というほうが影響がでるということですかね。

控え目にお喋りする姉ちゃんと冷めた夕飯
服屋さんって私には無理・・・と考えるのは私だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかり着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツを着ればいいし、化粧だって簡単でそれでよし。
外出するときは、自分でお気に入りの格好で良いし、家で働くときはTシャツにジーンズで問題ない。
なので、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
服を買おうとしていると、店員さんが近寄ってきてファッションポイントやコーディネイトを教えてくれる。
毎回それに固まってしまい、その場から逃げ出してしまう。
これも、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

息絶え絶えで口笛を吹く彼と観光地

仕事用で何枚かスーツに合うワイシャツを持っているけれど、毎回購入するときにたくさん試しに着てみる。
それくらい、シャツのかたちにこだわってしまうのも変わってるかと思い込んでいた。
しかしながら、前回の仕事で、Yシャツは特注でと、こだわっていた方がいらっしゃったので、心外だった。
けれど、シャツ一枚できまって見えるし、悪くないかも、と思った。

曇っている日曜の午後にカクテルを
20代前半にものすごく肥えていた時期に、毎回食べたくなったのがハニートーストだ。
その上、夕飯の終わりに3枚くらい食べた記憶もある。
さらに同じ時期に、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまいデブの道へまっしぐらだったあの頃の自分。
トライしたダイエット方法が変わったものばかりだ。
例を挙げると、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープのみの食事だ。
仕事場にまで水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、トマトを夜ごはんに置き換えるというダイエット。
それは、今の自分には無謀。
その後、半年ほどで食生活を気にするようになると、気が付くと元に戻った。
なんでも地道にするのがベスト。

気持ち良さそうに口笛を吹く友達とわたし

3年前から、九州の南に住んで大型台風をものすごく気にすることになった。
被害が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも神奈川に住んでいたこともあるが、しかし、台風の強風が全然違う。
サッカーのゴールポストが転がっていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
暴風域の猛威がすごい台風が通った後は、高いヤシや高い樹は道路に倒れ、海の横の道は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海辺の家や民宿では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が飛んだりと嘘だと考えていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすっただけでも風はめちゃめちゃ強く、古い民家にいると家のきしむ音が非常に心配してしまう。

薄暗い休日の晩に食事を
今朝の新聞に、日本女性の眉毛のデザインに関して、面白い話が書き留められていた。
理由を知ると、いきなり色っぽさも感じてくるので面白い。
目にするだけでは、奇抜すぎるように見えるが、その昔は既婚者である女性の証だという。
真実が分かれば、急に色気まで感じられるので面白い。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.