旭川市 任意整理 弁護士 司法書士

旭川市在住の方がお金・借金の相談するならコチラ!

借金返済の相談

旭川市で借金や多重債務などお金の悩みを相談する場合、どこがいいのか迷っているのでは?
どうせ相談するのであれば、優秀な弁護士や司法書士がいる法務事務所・法律事務所を選びたいですよね。
このサイトでは、ネットで無料相談ができる、オススメの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
旭川市にお住まいの人にも対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
直接相談をいきなりするのはちょっと気後れする、と思っている人にもオススメです。
借金返済・お金のことで困ってるなら、まずは弁護士・司法書士に相談して、解決への道を探してみませんか?

旭川市在住の人が借金や任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

旭川市の債務・借金返済の悩み相談なら、コチラがオススメです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いも可能です。
相談料はもちろん無料!
借金の督促をSTOPすることも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、債務の悩みについて無料相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付できるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、過払い・債務の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合った方法で多重債務・借金の問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性も安心です。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国対応の司法書士事務所なので旭川市に住んでいる人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



旭川市周辺にある他の司法書士・弁護士の事務所紹介

旭川市には他にも法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●三木田憲治司法書士事務所
北海道旭川市6条通13丁目左4
0166-23-3161

●道北法律事務所(弁護士法人)旭川事務所
北海道旭川市9条通7丁目2483-6
0166-76-4817
http://kyokuben.or.jp

●旭川司法書士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9058
http://asa-s.jp

●猪狩司法書士事務所
北海道旭川市9条西2丁目1-16
0166-26-8911

●旭川弁護士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9527
http://nichibenren.or.jp

●中村元弥法律事務所
北海道旭川市東4条4丁目2-7
0166-25-5411
http://twitter.com

●廣田善康法律事務所
北海道旭川市2条通8丁目
0166-73-4300
http://lawyer-hirota.com

●久郷道廣司法書士事務所
北海道旭川市永山3条17丁目3-2
0166-47-3918

●南利昌司法書士・土地家屋調査士事務所
北海道旭川市6条通11丁目右4
0166-23-1697

●かぐら法律事務所
北海道旭川市神楽4条6丁目1-15
0166-73-3207
http://ocn.ne.jp

●富川法律事務所
北海道旭川市5条通12丁目1086-3
0166-20-3277
http://plala.or.jp

●新田三千明司法書士事務所
北海道旭川市9条通7丁目
0166-25-2237

●野嶋司法書士事務所
北海道旭川市豊岡4条1丁目2-21
0166-37-9911

●高橋弘道司法書士事務所
北海道旭川市大町2条4丁目21-468
0166-51-3340

●しらかば法律事務所
北海道旭川市川端町4条6丁目4-18
0166-55-4690
http://potato.ne.jp

●川畠・谷口合同事務所
北海道旭川市豊岡8条5丁目1-16
0166-37-7767

●旭川総合法律事務所
北海道旭川市3条通9丁目551-2
0166-76-1087
http://asaso-law.com

●阿部一喜司法書士事務所
北海道旭川市東旭川北1条4丁目15-20
0166-36-1399

地元旭川市の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に旭川市で悩んでいる人

借金があんまり多くなってしまうと、自分ひとりで完済するのは難しい状態になってしまいます。
コッチで借り、アッチでも借り、多重債務で借金がどんどん多くなっていくと、もう利子を払うのさえ無理な状態に…。
1人だけで返そうと思っても、どうしようもないことはどうしようもありません。
親や親戚などに頼れるのであればいいのですが、結婚をもうしていて、奥さんや旦那さんには内緒にしておきたい、なんて状況なら、いっそう大変でしょう。
そんな時はやっぱり、司法書士や弁護士に頼るしかないのではないでしょうか。
借金を返すための方法や計画をひねり出してくれるでしょう。
毎月の返済金額を減額してもらい、長期返済できるようにしたり、過払い金を返還してもらって、返済金を減らしてもらったり、などです。
どうにもならない、と思ったら司法書士や弁護士に相談してみませんか。

旭川市/任意整理のデメリットを調べよう|任意整理

借り入れの支払をするのが大変になった時には迅速に対応していきましょう。
放っておくと今よりもっと金利は増えていくし、かたがつくのは一段とできなくなるだろうと予測できます。
借り入れの返金をするのができなくなった時は債務整理がしばしばされるが、任意整理もまたよく選定される進め方の一つでしょう。
任意整理のときは、自己破産のように大切な財産を守ったまま、借入の縮減が可能です。
また資格又は職業の制約もないのです。
良さがいっぱいある方法と言えるのですが、もう片方では不利な点もありますので、ハンデに関しても今1度考慮していきましょう。
任意整理のハンデとしては、まず初めに借り入れがすべてなくなるというのではないことを把握しましょう。
縮減をされた借金は約3年程で完済をめどにするから、きっちり支払いプランを立てる必要があります。
それから、任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接話合いをすることが可能なのだが、法律の知識が無い素人ではうまく談判がとてもじゃない進まない事もあります。
更には不利な点としては、任意整理をした際はそれらのデータが信用情報に記載される事となるので、俗に言うブラックリストの状態になります。
それ故に任意整理を行ったあとは約五年〜七年程度は新たに借り入れを行ったり、ローンカードを新たに作成することは出来なくなります。

旭川市|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

率直に言って世間で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車、マイホーム、土地等高価格な物は処分されるが、生きていくなかで必ずいるものは処分されません。
また二十万円以下の預貯金は持っていていいです。それと当面の間の数ケ月分の生活するうえで必要な費用一〇〇万円未満ならば没収される事はないのです。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれも僅かな人しか見ないのです。
また世にいうブラックリストに記載されてしまい七年間位はキャッシング若しくはローンが使用不可能な状態となるが、これは仕様が無いことです。
あと決められた職に就職できないと言う事も有るのです。ですがこれも極僅かな限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返金することの不可能な借金を抱え込んでいるのなら自己破産を実施するのも1つの方法なのです。自己破産を行えば今日までの借金が全部なくなり、新しく人生をスタートすると言うことで長所の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士や弁護士や公認会計士や司法書士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限として後見人や保証人や遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないのです。しかしながらこれらのリスクはおおよそ関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではないはずです。