竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

「アイスコーヒー」について、どう思う?「充実感」って、常識的にはどのように思われているんだろう。べつに考察するわけじゃないよ。
凍えそうな火曜の夕暮れは食事を

凍えそうな火曜の夕暮れは食事を

よく聞く音楽家はたくさん存在するけれど、この頃は日本以外の曲ばかり選んでいた。
でも、日本国内の音楽家の中から、ファンなのがcharaだ。
CHARAは凄い数の楽曲を出している。
人気がある曲なのは、シャーロットの贈り物、ミルク、DUCAなんか。
この国多くの音楽家がいるがチャラはチャラは魅力ある個性がピカピカと光っている。
国内には、世界中で活躍するアーティストもたくさんいるが、CHARAも人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
このようなフレーズが考え出されることに尊敬を覚える。
だいたい曲作りもしていて個人的には、想像力がありカリスマっぽい才能がある存在だ。
judy&maryのユキとコラボレーションし、TOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高だった。
2人とも可愛かったから。
誰しも一回くらい、思う、思われたい感覚の事柄を、工夫して一言で表現している。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

怒って話す兄さんと夕焼け
タリーズでもロッテリアでもさまざまな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、家でインスタントを入れても飲めるし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スターバックスコーヒーだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのは、煙草の煙が無理な私にとってありがたい。
よって、コーヒーの匂いを堪能できる。
金額も張るけど、上質の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと、つられてデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

勢いで話す父さんと夕立

家の前でハンモックに寝そべり、心地良いそよ風に身をゆだねていた、休日の夕方の事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、家の猫が「ギャニャァッ!」という凄まじい声に仰天して、ハンモックから逆さまに落ちてしまった。
まじまじと見てみると、我が家の猫は蛇に相対し、尻尾まで立てて吠えながら恫喝していた。
ヘビはそんなには大きくなくて、毒も持っていないっぽかったので、少年は木の枝を振って追い返し、猫を抱っこしてまたハンモックに寝転がった。
少年は、猫の頭を撫ぜてやりつつお腹の上で寝かせ、気持ち良さそうに目を閉じる猫を眺めた。

勢いで吠える彼女と花粉症
息子の3歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどんなものに決めようかを悩んでいる。
嫁と話し合って、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか着るものなどにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実物を見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、子供に近くにいかせてみたら、以外とすぐに決まった。
すべり台に夢中だったから、それに決めた。
ただ、今住んでいる家が窮屈なので、一番小さなコンパクトなやつに決定した。
販売価格もわりとリーズナブルだったので、助かった。

風の強い仏滅の昼に昔を懐かしむ

育った県が違うと食生活が変わることを結婚してから大変気づくことになった。
ミックスジュース飲む?と家内からいきなり聞かれ、売っていたのかなと思ったら、地元では作ることが一般的らしい。
ミカンやパイナプルとその他もろもろとアイスをいっしょに入れて、普通の牛乳をさらに加えてミキサーでシェイクして出来上がり。
作ったものを味わい飲んだのは初体験だけれど、しかし、大変うまかった。
好きだったし、はまって、自分でも作り飲んでいる。

具合悪そうに体操する友人と草原
学生時代、父も母も、私の人付き合いに対しあからさまに無理を求めてきた。
一般的より離れては良くない、とも。
凄くつらい時期だったと思う。
授業が終わると、毎日のように偽りの自分を嬉しそうに母に告げる。
そうすれば、喜んでくれるのだ。
多少でも外れると、好かれない。
そんなことだけ恐れていた過去の私と両親。
悲しい昔だと今は思う。

無我夢中で踊る先生とぬるいビール

20歳の時、株の取引に好奇心をもっていて、購入しようかとおもったことがあるけれど、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったのだけれど、頑張って稼いだお金が簡単に減るのが嫌で、購入できなかった。
証券会社に口座は開いて、貯金から動かして入れて、クリック一つだけで購入できる状態に準備したけれど、恐怖で購入できなかった。
頑張って、働いてためた貯金だから、金持ちの人たちから見たら少額でも無くなるのは怖い。
しかし一回くらいは買ってみたい。

雲の無い木曜の晩に立ちっぱなしで
振り返ると、学校へ通うようになってから高校卒業まで、熱心に向学心を持って生活してこなかった。
友人が一生懸命に取り組んでいても、自分は言われるままの事をなんとなくやるといった感じだったと思う。
だけど、専門学校に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、知識がスムーズに入ってくるようになった。
そして、社会に出て、研修期間を過ぎて責任のある業務になると、今度は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
やりたくないなんて考える暇もなく、なにがあっても知識を取り入れる日々が続いた。
頭を使うライフスタイルをしばらく体験すると、急に高校時代に真面目にしなかった勉強をやり直したいと考えるようになった。
そして、同じことを言っている人が周囲にたくさんいる。

涼しい木曜の朝に微笑んで

過去に話すようになった女性がいる。
今までに出会ったことのないような人で、彼女の話はどれも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
幼稚園教諭の免許、クレーン免許、通関士。
児童英語教師、フランス語検定2級、危険物取扱。
公認会計士もパスしているとうわさ。
さすがにこのことを親友に話したら、君の聞き間違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と結婚し退職していった。

泣きながら踊る兄弟と横殴りの雪
知佳子はAさんの事が大好きらしい。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も一緒に行くし、前回は私も一泊だけ同行した。
Aさんも知佳子も私を同じニックネームで呼びかけるし、何か意見を求める時は、とりあえず、私に求めてくれる。
なんだか気にかけてくれているような感じがして非常に心地がよかった。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.