竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない

さあ、「麻婆豆腐」に関して考えてみない?険しい顔するほど難しい問題ではないと思うんだよ、「インストラクター」に関してはね。
騒がしく叫ぶ弟と冷めた夕飯

騒がしく叫ぶ弟と冷めた夕飯

都内ではるか昔より賑わっている町が、台東区浅草。
最も由緒あるお寺が浅草寺。
そこそこ最近、参拝に行ってきた。
珍しく向かう都内浅草寺。
なおさら、自分の目で実際に見て分かったことは、日本人以外の観光客が多い事実。
色んな国からツーリストが集中する浅草は、ちょっと前からどのように見ても多い。
そもそも、世界一背の高い電波塔、スカイツリーが建った関係もあると思う。
近隣の国からは、羽田ハブ化で便利になったという事で、プラスして、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来るお客様が多いのかもしれない。
ともあれ、この先の未来もたくさんの外国人観光客が来るということを予想した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
この屋根瓦はチタン瓦を使用して、改修工事を行ったという。
本堂の観音様に日本の平和を祈り手を合わせた
今年の成果が、この先どこかで実りますように。

ひんやりした水曜の夜は足を伸ばして
夕食時に、500のビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に外に出かける仕事をしないときに限定されるけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、アパートの近くでワイン専門店を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私は見栄っ張りなので、「1万円のプレゼント用ワインを探しています」などと話して。
家族に届けた、そのワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
それから、特にワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと思えるアルコールだったら、お金や質にはこだわらない。

悲しそうに叫ぶ先生と壊れた自動販売機

今日は、梅雨があけてから初めて大雨になった。
釣りの約束を先輩としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けなかった。
確認したら、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行ける準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んで来ていた釣り人が、ばたばたと釣り道具を車に片づけていた。
餌も解かして準備していたが残念だった。
次の機会にと言って道具をしまった。
来週は雨じゃないみたいだ。
なので、次こそ行こうと思う。

雹が降った土曜の夜明けはカクテルを
とっても甘いおやつが好きで、甘いケーキなどをつくります。
普通に手で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作っていたけれど、近頃、ホームベーカリーで作成してみた、非常に手軽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるようにも気を付けている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンや野菜自体の甘味があるので、笑顔で食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子という言葉もテレビであるから普通だけども、高校の頃は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、そういった男がよくいるねと言われたりします。

息もつかさず跳ねる先生と穴のあいた靴下

今日この頃、ひとり娘が公園で楽しまない。
暑くてきついからだろうか、家のおもちゃが大変楽しいからか。
ある程度前までは、すごく運動場に出かけたがっていたのに、ここ最近は、少しも遊びに行きたがらない。
考えるに、父親だと、何も困ることもなく、気にしないが、だけど家内はある程度でも複雑らしい。
けれど、蒸し暑い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

よく晴れた週末の昼はカクテルを
かなりの確率でEくんから届くMAILの内容は、何のことを話したいのか何も知ることが出来ない。
お酒が入ってても素面でもよく理解できない。
そう思っていたけれど、Eくんが社内で作成したという、会社の商品とおすすめに関する文章を読む機会があった。
きちんとした日本語を書くことが出来るんだ!と驚いてしまった。

曇っている木曜の夕暮れに椅子に座る

六本木のキャバクラの女性を発見すると、素晴らしいと思う。
それは、完璧な見た目、会話の技術、それらに対する努力。
お客に全て勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると分かってもらいながら、また店に来てもらう。
そして、もしかするとコイツ、俺に本気かもしれないと気にしてもらう。
バランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それは置いといて、私は売れっ子のホステスさんたちの収入が非常に聞いてみたい。

勢いでダンスするあいつと飛行機雲
このごろ、横腹の脂肪を頑張って減らそうと考え毎日、筋トレを頑張っている。
小さな娘を自らの体の上にのせて一から声を出し数えながら筋トレを行っていたら、子供とのコミュニケーションにもなって、しゃべりだしの子供も数を耳で覚えるし、私のひどい脂肪も少なくなるし、一粒で二度おいしいことだと思っていたけれど、最初のうちは、喜んでいた2歳の娘も嫌になったのかやらなくなってしまった。

熱中して口笛を吹く君と紅葉の山

ある寒い日のこと、少年は母親からおつかいをたのまれて、白菜と葱とぶた肉を買いにいく途中であった。
少年はひそかに嬉しかった。
今夜はお鍋だ!わーい!…と。
だが、事件はその時起きた。
なんと、ポッケにあるはずのお使いのための2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーのレジの行列に並ぶ前に、念のためズボンのポッケに手を入れて確かめてみたのだ。
そしてその時お金が無くなっているのに気づいたのだ。
怒る母親を想像しながら、少年は手ぶらで家に帰ることにした。
これからは、お金はクツかくつ下に入れとこう。
少年はこめかみを押さえながら、そう決心した。

雨が降る平日の昼に読書を
漁港の近くに私たちは、家があり住んでいるので、高波を両親が危惧している。
特に大震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか逃げる高台は周囲にあるのかとか話す。
私も気がかりだけれど、手軽に引っ越し先も見つかるわけではない。
しかし、確かに津波がやってくるとなってしまった場合に回避する道を思い定めておかないととそう思う、だが、防波堤周りしか近くに道路がないので、あらためて想像したら怖いとわかった。

メニュー


メニュー


花花

Copyright (C) 2015 竜巻の起こし方を師匠はまだ教えない All Rights Reserved.